にもじ

JavaとかRubyのめも

「RubyでつくるRuby」を最後まで終えて

 RubyRubyインタプリタが完成!さらに、そのRubyインタプリタRubyインタプリタを動かし、というところまで到達です。

 

 個人的な感想を一言でいうと、なんだか私は嬉しかった。

 

 先ず、勉強になったこと。インタプリタの実装って、こうなっているんだなと。超難解ってわけでもない。いや、実際には、この本では筆者が用意してくれた機能に頼ってる部分もあり、本当は難しいのでしょうけれど、少なくともこの本に書かれている内容は自分にも理解できたし、実際に作って動かせた。


 もしかしたら、他の言語(たとえば今仕事で使っているRubyではない言語)でも同じようなことできるかも、なんてことも感じました。

 

 それ以上に嬉しかったことは、最後のコメントを読んでいて感じました。実用上は意味がない、というようなことを書いている部分があるのですが、私はこれを読んで超絶技巧の本を思い出し、実用上に意味のないことを楽しんじゃう、それがうれしい。

 

 本当は楽しいんですよ。仕事が辛いのは他の要因なんですよね。

 本当はこれ自体は時間を忘れて没頭してしまう魅力があるんです。

 でも通常の生活にはいろいろあって、いろいろありますよね。

 だけど本当は楽しいんだよ。

 俺は楽しんでるよ?

 そういう事を言ってくれてるような気がして、私は嬉しかったんです。

 そんなわけでとても楽しめました!